コンポ富士 教えて!堆肥化のこと

堆肥化の大切なこと
堆肥化の大切なこと

堆肥化の目的

有機性廃棄物を堆肥にする流れ

有機性廃棄物とは、成分が動植物に由来する廃棄物のことです。例えば、家畜糞尿や、食品等の製造工程から生じる野菜かす・醸造かす・発酵かす・魚および獣のあら等の固形状の不要物などです。
堆肥は微生物が分解しやすい有機性廃棄物を分解することで出来上がります。
その工程を人為的にスピードアップさせることを堆肥化と言い、微生物が活動しやすい環境を作り出すことが必要です。一般的には好気性の微生物による分解、好気性発酵により堆肥化を行います。

好気性発酵に必要な条件

好気性発酵は好気性微生物の活動により行われます。好気性の微生物が活動する条件を作り出し、維持することが重要です。
好気性の微生物は呼吸するために空気が必要です。また活動するための栄養源、水分が高過ぎると通気性が悪化、また水分が少なすぎても微生物の増殖が抑制されますので適切な水分調整も必要です。堆肥化に関与する微生物は30度以上の環境温度で活発化し、病原菌、寄生虫の卵や雑草種子が死滅または不活性化するためには60度以上の温度が必要です。水分の蒸発にも関係していますので温度のコントロールが必要となります。

堆肥を使用することのメリットは?

堆肥を適切に使用することで植物に養分を供給するとともに、土壌の化学性・物質性・生物性を改善し地力を高めることにより作物の安定増収を望むことが出来ます。
堆肥は植物と土壌の両方に優しい肥料なのです。
化学肥料は肥料成分としては優れていますが土壌中の微生物は有機物が供給されないため死滅してしまいます。微生物による団粒構造の土づくりが止まると地力が低下し、植物は病気や害虫に弱くなり、殺菌剤や殺虫剤を使用することになります。

代表的な堆肥化処理施設

堆肥化を行う施設には堆肥舎で堆積する「堆積方式」と撹拌に機械を使用する「撹拌方式」の2つが一般的です。撹拌方式には開放型と密閉型の2種類に分かれます。よって、堆肥化を行う方法は堆積方式、開放型の撹拌方式、密閉型の撹拌方式の3種類になります。

コンポ富士SKシリーズに関するお問い合わせ

TEL092-711-8858

FAX092-714-5637

webでのお問い合わせ